新玉ねぎの通販・販売・お取り寄せ。今、メディアで話題沸騰の新玉ねぎ! 瀬戸内海に浮かぶ人口300人の小島、津和地(つわじ)から、元気と感動をあなたにお届けします。

080-4992-7189

受付時間: 9:00~22:00

津和地島への一番分かりやすい行き方・アクセス

瀬戸内海の美しい景色をご堪能ください

段々畑と碧い海、人と人の結びつき。
日本最後の秘境へ、あなたもいらしてみませんか――?

津和地島民がお出迎えします

段々畑に登って津和地を見下ろしてください

津和地は昭和の雰囲気が残る島です

津和地島の所在地

 

津和地島(つわじしま・つわじじま)

〒791-4324 愛媛県松山市津和地

 

津和地島は、愛媛県、広島県、山口県の県境に浮かぶ、瀬戸内海上の小島です。

初めに言っておきますと、津和地島は、辿り着くのにかなり時間を要する島です。

遠い場所に感じられるかもしれませんが、そのぶん、すでに日本では味わえなくなった、ゆったりとした時間の流れや大自然のすばらしさ、島民の温かさを満喫していただける島です。(「外国に来たみたい」と言ってくださるお客様もいるほどです。)

津和地島は瀬戸内海の中心部にあります

島に渡る唯一の方法は、愛媛県庁所在地である松山市から出ているフェリー・高速船です。
つまり、松山市の高浜港か、三津浜港に到着していただけるように経路を決めてください。

これから、

 

1.本州から松山までの行き方

2.松山市内からフェリー・高速船までの行き方

3.フェリー・高速船の乗り方

 

の順にご案内いたします。

 

【津和地島へのアクセス1】本州から松山までの行き方

列車または車で、本州から四国に渡るには、大きく分けて3つのルートがあります。

1. 神戸・鳴門ルート 明石海峡大橋、大鳴門橋を通る 兵庫県、徳島県を経由
2. 児島・坂出ルート 瀬戸大橋を通る 岡山県、香川県を経由
3. 尾道・今治ルート 瀬戸内しまなみ海道を通る 広島県、愛媛県を経由

列車でお越しの方

津和地島に列車を使ってアクセスする

列車が利用できるのは、「2.児島・坂出ルート(瀬戸大橋)」のみです。

岡山から香川を経由し、愛媛県に着きます。
最寄りのみどりの窓口等で、「JR松山駅」までのきっぷをお買い求めください。

 

自家用車でお越しの方

津和地島に自動車を使ってアクセスする

3つのルートとも、自動車道があります。
ご出発地から便利なルートをお選びください。

 

高速バスでお越しの方

津和地島に高速バスを使ってアクセスする

各地から、高速バスが運行されています。
自家用車を運転せず、瀬戸大橋以外のルートでもお越しいただくことができます。

※松山に直通するもの、途中の県で乗り換えるものなど、多様な方法が考えられますので、ご出発地から便利なルートをご検討ください。

 

飛行機でお越しの方

津和地島に飛行機を使ってアクセスする

松山空港へは、以下の8つの国内線でお越しいただけます。

羽田・成田・伊丹・関西・中部・福岡・鹿児島・沖縄

 

 

【津和地島へのアクセス2】松山市内からフェリー(高速船)乗り場までの行き方 

松山市内から津和地島への経路

 

JR松山駅からフェリー乗り場(高浜・三津浜)まで

お金をかけずに港に着きたい方(列車)

JR松山駅から徒歩5分のところにある「伊予鉄道大手町駅」まで行ってください。大手町駅で伊予鉄道高浜線に乗り、高浜駅で下車してください。(20分、360円)

高浜駅から徒歩一分で高浜港に到着します。

できるだけ簡単に港に着きたい方(タクシー)

駅からタクシーに乗る場合は、約20分ほどで三津浜港に到着します。(約2,300円)

私鉄の松山市駅からフェリー乗り場(高浜)まで

市街地や道後温泉に近い「松山市駅」からお越しの場合は、伊予鉄道高浜線で、高浜駅(21分、410円)で下車してください。タクシーに乗る場合は、松山市駅からですと約30分、約2,500円ほどです。

自家用車でお越しの方

自家用車を置いて乗船したい場合

市内から約20分で三津浜港、30分で高浜港に着きます。どちらにも駐車場(有料)があります。

自家用車と一緒に乗船したい場合

市内から約20分で三津浜港に着きます。三津浜港からのフェリーに限り、自動車や自転車を積むことができます。金額は車両の大きさによって変わりますので、中島汽船のホームページ内運賃表をご確認ください。

松山空港からフェリー乗り場(三津浜)まで

・タクシー(約20分、約2,000円)
・直通バスはありません。まずはJR松山駅までバスに乗ってください。(約1時間、約700円)
・JR松山駅から、上の説明にしたがってフェリー乗り場までお越しください。

 

【津和地島へのアクセス3】フェリー、高速船の乗り方

津和地島に船でアクセスする

松山市の松山高浜港三津浜(みつはま)港から、津和地島までのフェリーにご乗船ください。
※高速船は、高浜港からのみとなります。

・経路:中島汽船 西線
・時間:フェリーなら約2時間、高速船なら約1時間
・金額:フェリーは1,220円、高速船は2,040円

自動車、自転車といっしょに乗船される場合は三津浜からフェリーに乗ってください。高浜港からはフェリー、高速船ともに自動車、自転車を積むことができません。金額は車両の大きさによって変わりますので、中島汽船のホームページ内運賃表をご確認ください。

フェリーに乗る場合の時刻表

津和地(中島) 方面行 三津浜 高浜 津和地
第1便  9:10  9:25 11:03
第2便 16:40 16:55 18:33
松山 方面行 津和地 高浜 三津浜
第1便  6:56  8:38  8:50
第2便 14:34 16:13 16:25

津和地島へフェリーでお越しの場合は、行きは、朝か夕方のどちらかとお考え下さい。お帰りは、早朝か昼過ぎかとなります。高速船の場合は、もう少し時間に余裕がありますので、余裕をもって旅をされたい方は、こちらを利用されるのもいいかもしれません。

高速船に乗る場合の時刻表

  高浜 津和地 高浜
第1便 (止) 6:28 7:30
第2便 7:40 8:43 9:36
第3便 11:40 12:34 13:36
第4便 15:25 16:29 17:23
第5便 18:25 19:28 (止)

※時刻表は中島汽船のダイヤをもとに作成しています。直近のダイヤ改正や悪天候による欠航など、急な情報を反映していないことがあります。ご利用の際は、中島汽船のホームページや電話等での確認も合わせて行ってくださいね。

↑クリックすると、中島汽船のホームページへ移動します。

 

津和地島に到着! 津和地島のみどころは?

津和地島の魅力とは

津和地港をのぞむ島の風景

津和地島は、70~80代の島民が半分以上。
自給自足の生活を営む、のんびりした島です。島民のほとんどが、漁師であり農家。

島には、信号や病院もありません。
日本では忘れ去られた、特別な時間のながれが残されています。

・お子さんやお孫さんに、都会では味わえない特別な体験をさせたい。
・のんびり釣りや海水浴を楽しみたい。
・夫婦やカップルでゆっくり語り合う時間がほしい。
・水軍の末裔がくらす島を見てみたい。
・あえて不便な土地に身を置くことに興味がある。昔の日本が好きだ。
・とれたての新玉ねぎや海産物を食べてみたい。

などなど、そんなあなたを、津和地島の皆がお待ちしています。

島に泊まりたい

津和地島へは、日帰りよりも、泊まられることをおすすめします。

1日にフェリー片道2本、巡回の高速船が5本でていますが、日帰りで滞在できる時間はほんのわずか。段々畑をじっくり歩いたり、釣りや農業体験をしていただくと、少なくとも1泊が必要です。

津和地島には、2つの旅館があります。

おいしい海鮮料理のほか、釣り情報や各種体験プランなど、島の楽しみ方について相談に乗ってくださいます。ぜひ利用されてみてください。

 

お問合せも受け付けています。

お名前
メールアドレス
メールアドレス (確認用)
お電話番号
お問い合わせ内容
詳細

のついた項目は必須です。

 

お急ぎの場合は下記お電話番号までご連絡下さい。

津和地 島だより 代表:福島(ふくしま)
TEL:080-4992-7189
受付時間:9:00~22:00 無休

 

Top